音楽好き好き

好き好き音楽

女性上位時代 - Pizzicato Five

f:id:nagura260404:20181124234005j:plain

ピチカート・ファイブはボーカリストがニ回程替わっているのですが,一番有名なのは三代目ボーカリスト野宮真貴とオリジナルメンバー小西康陽の二人組によるP5最終形態でしょう.Kool And The Gangの楽曲「Kool & The Gang」を取り入れた人気曲「スウィート・ソウル・レビュー」もこの時代の産物です.非常にファンキーでキャッチーなサウンドが特徴です.そしてP5で野宮真貴が主役である記念すべき最初のアルバムがこの「女性上位時代」となります.この頃はまだ高浪慶太郎も含めた三人組でした.ファンキーですがSly & The Family Stoneの「Fresh」や「There's A Riot Goin' On(暴動)」のような重さや暗さを含む作品です.というか結構これらのアルバムからサンプリングしていると思います.Slyの特にこの2つのアルバムはかなり人を選ぶのではないでしょうか.したがってこの「女性上位時代」は決してKool And The Gangのようなあっけらかんとしたファンクではないです.しかし私は何度もこのアルバムを聴きたくなります.得てして分かり易い音楽は飽きやすいもので(分かり易くて飽きないなら最高ですが),逆にこのアルバムは聴けば聴くほど良さが分かるタイプの音楽でしょう.歌詞もいいです.基本的に小西康陽氏の作詞ですが,そこで歌われる女性は高飛車だったり,大人だったり,少女の場合もあります.しかし野宮真貴は,どのような歌詞でも他の歌声ではありえないかのように完全にそれを演じます.あたかもボーカロイドのようで,彼女の生活感のようなものが全く透けてこないニュートラルな歌声だからできる所業なのでしょうか(しかし随所に挟まれるインタビューでは素の彼女が出てるように思います).好きな曲を紹介します.

「お早う」:JBの「Funky Drummer」ネタですね.サビで「おはよう」しか言わないというちょっと頭のおかしい曲です.

「サンキュー」:一番キャッチーな曲です,たぶん.少し退廃的な歌詞もいいです.調べたらHearts of Stoneというグループの「If I Could Give You The World」という曲をサンプリングしてるみたいです.いい曲知りました.

www.youtube.com

www.youtube.com

「大人になりましょう」:slyの「Family Affair」っぽい曲.大人じゃなくてすいません...

「パーティ」:細野晴臣Hosono House」収録の同名曲のカバー.チャカポコしていてちょっとストレンジな印象を受けます.本人がベースで参加してるみたいです.歌もちょっと歌ってます.

「クールの誕生」:このアルバムで一番好きな曲.マイルスの「Birth of the Cool」とは関係なさそうな,ゴリゴリのファンクです.「冷たいのが好きでしょ」と繰り返される歌詞とベースラインにゾクゾクします.間奏は田島貴男在籍時代の傑作「Bellissima!」の「日曜日の印象」から引用されています.

www.youtube.com

slyが好きならこのアルバムが気に入ると思います.逆もまた然り.