音楽好き好き

音楽好き好き

音楽が好きな人による,陽気な音楽ブログ

Musically Adrift - Samuel Purdey

f:id:nagura260404:20190428143128j:plain

Steely Danが結構好き,いやかなり好きなんですが,彼のフォロワー系の音楽ってキリンジくらいしか聴いたことがなかった気がします.今回取り上げるSamuel PurdeyもSteely Danの熱烈なフォロワーですが,この「Musically Adrift」一枚を1999年に発表し,その後解散してしまったようです.たまたま寄った中古レコ屋で見つけて買ったのですが,もっと早く出会いたかったなと思わせる完成度で,ヘビーローテーションしています.本家Steely Danのエッセンスを洗練させたような印象を受け,これを聴いてからSteely Danを聴くと新たな発見がありそうです.ちなみに二人はもともとジャミロクワイのツアーメンバーだったらしいです(実はジャミロクワイをまともに聴いたこと無いのは秘密です).

「Whatever I Do」:名盤であることが約束されたような一曲目です.いきなりかっこよすぎる...

www.youtube.com

「Valerie」:これも是非聴いてもらいたいです.すごいSteely Dan臭.ギターとコーラスが泣かせます.

www.youtube.com

「Lucky Radio」:大仰な弦のイントロで面食らいますが,中身は非の打ち所のないAORです.彼らの代表曲によく挙げられている印象があります.サビのエレピがめちゃくちゃ好きです.

www.youtube.com

「Only When I’m With You」:すごい単純なようでいて,全く飽きない不思議でかわいい曲.Steely Dan感は無いです.

www.youtube.com

「One Of A Kind」:まさに私がSteely Danに求めているフィーリングです.「Can't Buy A Thrill」や「Pretzel Logic」らへんの爽やかさと,「Aja」とか「Gaucho」のような後期の完成された感じが見事に融合しているように思います.アルバムで一番好きかもしれません.ギターが何よりSteely Danしてます.そして動画がYouTubeに無いと... この曲のためだけにアルバムを買っても損は無いと思います.

「Bitter With The Sweet」:最後の曲です.この曲は個人的にドラムスの質感が好きです.ドライなようで少しウェットなのが,寂しげな曲に絶妙に合っていると思います.

www.youtube.com

今回が99枚目の紹介となっています.記念すべき100枚目は何を取り上げよう?

nagura260404.hatenablog.com

nagura260404.hatenablog.com

nagura260404.hatenablog.com