音楽好き好き

好き好き音楽

Prize - Arto Lindsay

f:id:nagura260404:20190415191300j:plain
何となくアート・リンゼイの気怠い歌声が聴きたくなったので,今回は彼の1999年のソロアルバム「Prize」を取り上げます.彼はもともとDNAというノイズバンドを組んでおり,彼の代名詞であるチューニングをしていないギターもその頃から確立されていたようです.また,3歳から17歳までブラジルに住んでいたようで,アメリカ人であると同時に,音楽にはブラジルからの影響が色濃いのも特徴と言えます.そして日本とも繋がりが深く,坂本龍一や三宅純,小山田圭吾らと親交があるみたいです.

この「Prize」はブラジル音楽と言っていいとは思うのですが,しかし全体的にどよーんとしたというか,ぶよぶよした質感があり,かなりオリジナリティを感じます.彼というフィルターを通すと,からっとしたブラジルの風(ブラジル行ったことないですけど)が湿ったぬるい風になってしまう,といった印象を持ちます.

「Ondina」:一曲目からすでにだるくて,非常に落ち着きます.疲れた体にはこれくらいの温度感がいいですね.

www.youtube.com

「Prefeelings」:アート本人とは別の男性が,合いの手のようなラップを入れるのですが,お互い勝手に歌っているようなチグハグ感が面白いです.

「Modos」:めちゃくちゃ陰気なアントニオ・カルロス・ジョビンといった感じ.ぶよぶよしたベースがいいです.

youtu.be

「Ex-Preguiça」:退廃的で非常に美しい楽曲.めちゃくちゃ好きです.

www.youtube.com

「Tone」:おどけたような曲調が印象的です.これもすごい好き.

www.youtube.com

「Porno Samba」:最後の曲です.一体何を歌っているのでしょう.タイトルがタイトルだけに,気になります.

www.youtube.com

改めて聴いてみると,ノイズ的なギターはあまり使われていないですね.非常に聴きやすいです.

nagura260404.hatenablog.com