音楽好き好き

音楽好き好き

やわらかブログ

シャーマン狩り - 小田朋美

f:id:nagura260404:20190126103348j:plain

お久しぶりです.やはり平日に毎日記事を書くのは,私には無理ですね.これからは書きたくなったら書くという感じでやっていこうと思います.今回は,DCPRGやCRCK/LCKS,個人的に非常に楽しみな最終Spank Happyceroのサポートなどで現在活躍されている小田朋美さんの1stソロアルバム,「シャーマン狩り」を取り上げます.2013年の作品です.彼女は藝大の作曲科卒ということですが,歌も非常にうまく,ルックスもいいのでカリスマがありますね.藝大時代に後のプロデューサー,ひいては相方になる菊地成孔氏に突っかかっていったというエピソードも,彼女の可愛らしさを後押しします.本アルバムはオリジナル(作曲という意味で)が4曲,カバーが5曲といった感じですが,カバーと言ってもそこは音大出なので,矢野顕子ばりのオリジナリティあふれるアレンジによって完全に自分の作品にしています.そしてこれは驚くべきことですが,編成はピアノ(小田朋美)+ドラム(田中教順),もしくは弦とポップスにしては特異で,曲調もかなりクラシカルであるにも関わらず,私のような一般大衆にもポップスという文脈で違和感なく聴かせることに成功しています.なかなか無いタイプの音楽のように思います.では曲紹介に移ります.

Love the world」:いきなりまさかの選曲です.Perfumeの有名な曲ですが,かっちりした原曲とは真逆な時間を伸び縮みさせたような面白いアレンジがなされています.Theronious Monkを初めて聴いた時のような衝撃を受けました.

www.youtube.com

一応原曲貼っておきます.こちらも好きです.

www.youtube.com

「〔風が吹き風が吹き〕」: 宮沢賢治の詩にオリジナルの曲をつけたもの.彼女は学生時代にポエトリーリディングとかをやっていたみたいで,このアルバムでも詩に曲をつけたものが多いです.弦とピアノにドラムという編成ですが,よくまとまっている気がします.少し無難かも?

「ぬすびと」:こちらも宮沢賢治の詩とオリジナル曲です.この曲を聴いてから詩を読んだんですが,当たり前ですがぴったりですね.

「雨よ降れ」:これは谷川俊太郎の詩です.3:39位からの,雨に濡れすぎて開き直ったような展開が好きです.

「鏡の中の十月」:YMO曲のカバーです.原曲はシンセの音色も相まって幻想的ですが,このカバーはシンプルな演奏なだけに歌詞が生々しく感じられます.原曲しか無かったので,そちらを貼っておきます.

www.youtube.com

「Angelic」:Spank Happyのカバーです.こちらはカバーしかありませんでした.原曲は淡々としたテクノっぽい感じですが,こちらは抑揚があって歌詞がよく入ってきます.気付いたんですが,カバーしてる曲ここまで全部テクノですね.

www.youtube.com

「狩りの技法 Op.1」:弦楽のみのインストです.空間を一杯に使っているような,ゆったりした弦が素晴らしいです.

「Mのロマンス」:唯一彼女が作詞を行った曲です.一方で作曲は大石俊太郎という方みたいですね.彼女の内面が分かるような,分からないような...

「カム・ダウン・モーゼ」:最後は詩が寺山修司,曲は高橋竹山という三味線演奏者,編曲は小田朋美による作品です.一番好きかも知れません.死を清々しく受け入れるような詩と,晴れやかな曲調が相乗効果を生んでいます.下に貼ったものは三味線が入っており,日本人的な死生観を感じますが,アルバムでは三味線の代わりに弦が入っており,より西欧的な感じがします.

www.youtube.com

Spank Happy,早くアルバム出して欲しいですね.女性,ジャズ,クラシックと共通点の多い気がする挾間美帆さんもおすすめです.

nagura260404.hatenablog.com