音楽好き好き

好き好き音楽

Pieces Of A Man - Gil Scott-Heron

f:id:nagura260404:20190110204007j:plain

Gil Scott-Heronの1971年の作品「Pieces Of A Man」を取り上げます.彼は元々文学青年で,小説や詩の才能があったようです.詳しい彼の生い立ちについては,こちらの方が素晴らしい解説を書いてくださっています.

zip2000.server-shared.com

文章で書くのに飽き足らず,彼は音楽によって思想を伝えようとしました.1曲目の「The Revolution Will Not Be Televised」は曲調はベースの存在感がある(ロン・カーター!)重たいファンクですが,ポエトリーリーディングともラップともとれる彼のアジテーションが衝撃的です.「革命はテレビ放送されない,ライブなんだ」という危機感を伴ったメッセージが鋭く伝わってきます.ちなみにドラムスはバーナード・パーディです.

www.youtube.com

Save The Children」は打って変わってピースフルな雰囲気です.子どもたちの未来のために何ができるか問いかける歌詞となっており,彼の誠実な人柄が感じられます.以降も質の高いジャズファンクあり,ジャジーなバラードありと名曲揃いですが,「The Needle's Eye」は本当に素晴らしく,もはやポップスの領域だと思います.歌詞ですが,やはり詩人らしく,私には難しいです...お気に入りの一枚です.

www.youtube.com