音楽好き好き

好き好き音楽

Tender Blue - Spiritual Vibes

f:id:nagura260404:20181204073019j:plain

Spiritual Vibesは竹村延和が在籍していたバンドで,ジャケットから見て取れるような非常に洗練された音楽性を持っていました.実はどうぶつの森の音楽で有名な戸高一生も参加していました.また,このアルバムのクレジットを見るとヴァイオリンでHonziが参加していたり,エンジニアがZAKだったりとフィッシュマンズ好きには見慣れたメンツが並びます.なかなか意外な繋がりがあって面白いです.私が竹村延和を知ったのはSpiritual Vibesからだと以前も書きましたが,この方向性は彼のソロ一作目の「Child's View」でも踏襲されます.そのため,この人はこんな感じの聴きやすい曲を作る人なんだと思っていました.しかし彼はこの路線に飽きたのか,二作目「子供と魔法」で一気にアバンギャルドな作風に舵を切り,後追いでしたが面食らった覚えがあります.

このアルバムはミニアルバムのようで5曲入りですが,そのうち2曲は収録曲のremixなので実質3曲が新曲というかなりコンパクトな作品です.「Midori No Umi」は歌詞の通り緑の生い茂る丘で日向ぼっこをしているようなピースフルな楽曲で,ビブラフォンが非常に印象的です.

www.youtube.com「*」は疾走感と緊張感のあるジャズで,ウォーキングベースが非常にかっこいいです.「Albireo」も「*」と似た路線のジャジーな楽曲で,この2つは彼らの楽曲の中でもかなりテンポが性急です.どちらかといえば1曲目のようなゆったりした曲が1stの「Spiritual Vibes」や2ndの「ことばのまえ」には多いかと思います.残りのremix曲もどちらも良いと思います.ちょっと面白みに欠けるかもしれませんが...