音楽好き好き

音楽好き好き

好き好き音楽

Blind Moon - さかな

f:id:nagura260404:20181130071613j:plain

魚が名前に含まれるバンドは数あれど,今回ご紹介する「さかな」ほど直球な名前のバンド(というかユニット?)は存在しないでしょう.彼らは1983年にポコペン(ボーカル,ギター)と林山人(ドラム),西脇一弘(ギター)で結成され,現在はポコペンと西脇一弘の二人体制のようです.私の持っている音源は他に「My Dear」と「Little Swarrow」のみですが,これらの作品の時代はROVO勝井祐二もメンバーだったようで,彼のバイオリンが聴けます.そしてこのアルバム「Blind Moon」は多分すでに二人体制で,ほぼギターとボーカルのみとなっています.さかなは高校生のときにある音楽好きの方から勧められ,「My Dear」と「Little Swarrow」はすぐ気に入ったのですがこのアルバムはシンプルすぎるように聴こえてしまってあまり良さに気づけなかった覚えがあります.今聴いてみると死ぬほど良さがわかります.ポコペンの歌い方は,歌詞のイントネーションが普通じゃなくなるようなメロディを歌っているせいでしょうか,非常に独特で存在感を放っています.ギターとボーカルのみというミニマムな編成だと,ボーカルはただ歌詞を歌うだけのパートではなくて,ギターと両輪の楽曲の構成要素であることを意識させられます.しかし歌詞は歌詞でかなり不思議で,歌声と相まって独自の世界観が提示されています.全曲好きですが全部紹介するのは疲れるので,一番好きな曲の「Sky」について少し.Skyという名の男の話を回想するといった内容ですが,彼は始終謎めいていて,何者だったのかは最後まで分かりません.コインが彼にとってどんな意味を持っていたのか,別になんでもないものだったのか,聴く者のイマジネーションを絵本のように膨らませます.ギターの演奏も物語の一部かのように,語り部がSkyを懐かしむ様子を完璧に表現しています.一つも無駄のない素晴らしい作品だと思います.ぜひ聴いてもらいたいです.

www.youtube.com

nagura260404.hatenablog.com